« DTPの夜明け その3 補足 | トップページ | non-coding領域 »

2007年8月 3日 (金)

sRGBの定義

色再現についての勉強に適切なテキストを見つけました。

スキャナのデータRGBからL*a*b*やXYZ等への色変換の式について解説があります。

-----

電子情報学特論 - 2006年夏学期  -

http://hiroshi1.hongo.wide.ad.jp/hiroshi/files/toku1/

4月17日 インクジェット技術で広がるカラーイメージングの世界(Main Slide)
(付録) 色の錯覚に関するスライド
セイコーエプソン 鍬田 直樹

-----

« DTPの夜明け その3 補足 | トップページ | non-coding領域 »

デジタル画像」カテゴリの記事

コメント

sRGBについての解説 詳しいのがありました。(ichinose)
http://www.jagat.or.jp/story_memo_view.asp?StoryID=5449
■出典:JAGATinfo 2002年4月号
三菱電機株式会社映像情報開発センターの杉浦博明氏

「sRGBでは大きく分けて2つのことが定義されている。
1つは基準となる標準の状態(Reference conditions)、
もう1つはCIE XYZ値との変換式(Encoding transformation)である。
標準的なディスプレイでは,
輝度レベルが80cd/㎡,
白色点がD65、
RGB色度点はITU-R BT.709-3
というハイビジョンの規格が採用されている。
ガンマ特性は2.2で、現状のパソコン用CRTモニタのスペックにかなり近いものである。
CRTがベースになっている色空間と理解してもらいたい。」

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218879/15992044

この記事へのトラックバック一覧です: sRGBの定義:

« DTPの夜明け その3 補足 | トップページ | non-coding領域 »

無料ブログはココログ
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

最近のトラックバック