« DTPの夜明け その5 | トップページ | DTPの夜明け その6 »

2007年8月 4日 (土)

フィルム濃度計

まとめ

・EPSON ES-10000Gをフィルム濃度計として使って放射線線量を測定するためのシステム検討。

-----

日本放射線技術学会雑誌公式WebSite:

http://www.jstage.jst.go.jp/article/jjrt/63/5/63_595/_article/-char/ja

CiNii 国立情報学研究所 論文情報ナビゲータ:

http://ci.nii.ac.jp/naid/110006273517/

2006.12.18論文受付 2007.3.14論文受理

社団法人日本放射線技術学会 日本放射線技術學會雜誌

線量対濃度テーブルを作成する場合における汎用フラットベッド型イメージスキャナ使用法の技術的検討

橋本 晴満 中西 雅典  渡辺 紀  田嶋 康宏  下 貴裕  市瀬 司  永野 尚登

茅ケ崎徳洲会総合病院放射線室 東京西徳洲会病院放射腺医学センター

放射線を一定量照射して露光したフィルムの濃度測定を行った。

1)同一箇所10回測定し、スキャン値の比較。

2)A3を9ゾーンに分けて場所によるスキャン値の比較。

3)電源投入後、0min. 2.5min. 5min. 7.5min. 10min. 15min. 20min. 30min. 45min. 60min. 90min. 120min. 経過後、スキャナ中央でのスキャン値を比較。

4)フィルム周辺を遮光した場合と、しない場合のスキャン値の比較。

結論

1)10回の平均値の標準偏差は、53049.8±5.5であり、「ほとんど差がみられなかった。」

 (平均値変動は、1万分の1)

2)Max.とMin.の差は、380.4(~7/1000)であり、中央に対して周辺が暗くなる傾向。

3)時間に対する光量変動に、「一定の傾向はみられなかった。」

4)遮光したフィルムが54高かった。(~1/1000)

-----

« DTPの夜明け その5 | トップページ | DTPの夜明け その6 »

スキャナ応用事例」カテゴリの記事

新聞・雑誌・論文」カテゴリの記事

コメント

イメージスキャナはDTPやコンピュータグラフィックユーザー向けに主に使われておりますが、透過原稿ユニットをオプション搭載可能なため、濃度計としても使うことができます。A/D変換は16bitを搭載しているため、OD 4.8(=16/3.322)まで濃度分解可能です。ただし、CCDセンサのs/n限界があり実質的には、OD 3.6前後が限界値のようです。 弊社では、スキャナに搭載されているCCDの駆動条件を駆使し、高いs/nを実現する技術を開発しております。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218879/16005390

この記事へのトラックバック一覧です: フィルム濃度計:

« DTPの夜明け その5 | トップページ | DTPの夜明け その6 »

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ