« DTPの夜明け その2 | トップページ | DTPの夜明け その3 »

2007年7月28日 (土)

エリアセンサ

エリアセンサを探しています。使い勝手のよさそうな、営業のレスポンスも良いメーカーをちょっとメモっておきます。

目的:

1)ボードカメラも取り揃えていること。

(センサを丸裸で使いたい)

2)SDK(ソフトウェア開発キット)があること。

3)ファイルフォーマット:カラーカメラであってもrawデータを得られること。

(ベイヤー配列のまま取り込んで、PC側でRGBデータをソフトウェア生成)

4)インターフェース:USB2.0接続もしくは、IEEE1394やギガイーサであること。

(CameraLink,LVDSではないこと)

5)そして大事な、10ビット(1024諧調)以上の出力を得られること。

以上の条件で検索して、というかアイメジャーも毎年出展している国際画像機器展(%1)のPRODUCTS GUIDE BOOKを使って手作業で探しまくって、営業に電話しまくって、

6)で、営業の技術的な知識、レスポンス、誠実さが◎

※今回は、Cマウントレンズ用のカメラで500万画素程度まで。1000万画素以上の35mmフィルムに相当するサイズのセンサを搭載しているカメラ、冷却CCDなどは別の機会に。

今のところの結論⇒株式会社アートレイ が良いです。

上記条件を全てクリアしました。営業の富士さん 技術の清水さんに拍手^^)

以下 情報:

(株式会社アートレイ)

CCDカメラ:

http://www.artray.co.jp/5.html

ボードタイプ:

http://www.artray.co.jp/usb2_ccd_op.html

デバイスドライバ、ビューアーソフト、商品説明書:

http://www.artray.co.jp/download.html

それにしても、センサの「インチ」ってのは何なんでしょうね。

2/3インチセンサというから、てっきり12x12mmくらいの寸法があると思ったのですが、実際には、10x8mmでした。25.4*(2/3)=17mm。ルート2で割って12mm。だから、12x12mmくらいの寸法あると思ったのですが。どなたか知っているかた教えてください。(ってここで呟いてもしかたないよなあ。。)

以上

(%1)国際画像機器展 http://www.seiki-tsushin.com/ite/

アイメジャー 今年も出展しますよ!

« DTPの夜明け その2 | トップページ | DTPの夜明け その3 »

スキャナ構成要素デバイス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218879/15922550

この記事へのトラックバック一覧です: エリアセンサ:

« DTPの夜明け その2 | トップページ | DTPの夜明け その3 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ