このblogの趣旨

 

はじめまして。一ノ瀬です。アイメジャーでは、特殊イメージスキャナの開発、設計、製造、販売をしています。このブログでの活動を通じて次のことが実現することを願っています。

1) 世界初のイメージスキャナを生み出すこと。
2) イメージスキャナにまつわる画像処理の世界を深める場にすること。
3) アイメジャーの商品についてきめ細やかなサポートを実現すること。

どうぞよろしくお願いします。

2007.7.25 一ノ瀬(メール) 
アイメジャー 公式 twitter  アイメジャー公式facebook

<お知らせ>


○有料メルマガ配信中!

Magmag_chan_2

 

毎月17日発行。
¥216(税込)/月 初月無料!
・デジタル画像ネタを判りやすく解説。
・線数やdpiや解像度、ガンマやドットゲイン、EV値など業界が異なると使う言語や単位が全く異なります。業界横断的にデジタル画像の本質に迫ります。
・時代の証人。若い方にはびっくりなデジタル画像創生期の実話満載。

○アイメジャーは、世界初の非接触式の大型イメージスキャナ(オルソスキャナ)を自社に常設し、スキャニングサービスを開始しました。(2017.3.1) 
オルソスキャナのページ デジタルギャラリー 6億画素の世界。『本物を目の前にしてルーペで拡大して見ている錯覚を覚えるリアリティ』。ぜひ、ご覧頂きお楽しみください。

○『オルソスキャナ』は、(1)デジカメのように非接触で立体物を撮像する、6億画素を超える画像。(2)JIS定規の寸法精度を超える寸法精度(1万対1) で1メートルを超える対象物をくまなく撮像できる。(3)100mm以上の凹凸のある被写体の「パンフォーカス(全焦点)画像」を800ppiの解像度で撮影可能。(4)スキャン時間は、6億画素を10分間のスキャンで終了。このように比類無き、全くあたらしい原理の撮像装置です。(2017.8.24) 

○アイメジャーは、会社の定款を変更し、食材や飲料、土壌の放射能測定を行う 信州放射能ラボ を立ち上げました。食品放射能測定サービス の他に 線量計の販売 ベクレルフリー米の販売 も行っています。(2011.12.17)


・姉妹ブログ アイメジャーからのお知らせ

・カラーイメージスキャナの基礎 日本画像学会 [1999]

カラーイメージスキャナ設計技術 トリケップス [1991]

・BLOGPRESS : DTPの夜明け (pdf 19page)


2019年8月15日 (木)

CO(一酸化炭素)の分子量を調べました

CO(一酸化炭素)の分子量を調べました。

Li-Be-B-C-N-O-F-Ne

(すいへい) りーべ ぼくのふね

http://mh.rgr.jp/memo/mq0093.htm

C-N-O だから、 N2とCOと同じ分子量なんですよね。

空気に混ざったら上にも下にいかず混在する。

恐ろしい毒ガス。

空気の主成分窒素(N2)の分子量が28.01、

今回の毒ガス 一酸化炭素(CO)も分子量28.01、

重くも軽くもない。

2019年8月 1日 (木)

写真撮影に使われるグレーカードは何故反射率18%なのか?

(この記事は議論が収まった後に整理してまとめます。まずはお知らせまで。)


【お知らせ】

写真を撮影する、映像を撮影する時によく使われる 18%グレーカード。

「何故、18%なのか?」 の会話が盛り上がっています。

それぞれ書籍を書かれている日本を代表される方々との対話が興味深いです。

もしご興味があれば、参戦ください。(^^)

https://www.facebook.com/iMeasureInc/posts/2877278842343830

「何故 18%」なのか?

 

» 続きを読む

2019年7月17日 (水)

縄文文化 vs 仏教

 

縄文文化 vs 仏教

茅野市にある 建築家藤森照信さんの処女作品 神長官守矢史料館(じんちょうかん もりや しりょうかん)

に行った時のこと、
鹿食免(かじきめん)を発行していたことを知った。

つまり、これさえあれば、殺生が許され狩猟文化を保持できた。

~~・~~

昨年、

東京国立博物館で開かれていた仁和寺(にんなじ)展に行った。*1) 

修行僧のみが入ることが許された観音堂の仏像本体を展示し、

内部は柱など建物まるごと実寸大のレプリカで再現した。

荘厳な空間は、仏像本体は本物であるにも関わらず写真撮影が許されていた。

その壁面図絵は、丸ごと非接触式のイメージスキャナで撮影&複製されていた。

仕事がら あら探しをしたが、完璧な複製だった。(good jobでした)

そこで、見た絵図に さらに驚いた。

これ。↓

死後、閻魔様の前で、鏡を覗かされる。

「お前は 生前 殺生をしたな! 」と こってり絞られてる姿。

武士が馬に乗って、ウサギを追って 弓矢を引く姿。

仏教の普及と同時に、狩猟文化が途絶えていく、

その仕掛けが良く判ったような気がした。

諏訪に何故 御柱祭が残ったのか。その秘密は奥が深そうです。

1) https://www.tnm.jp/modules/r_free_page/index.php?id=1868#top

ーーー

おおほうり

http://www.city.suwa.lg.jp/www/info/detail.jsp?id=10361

神長官守矢史料館(じんちょうかん もりや しりょうかん)

https://ja.wikipedia.org/wiki/神長官守矢史料館

https://www.nagano-museum.com/info/detail.php?fno=135

https://suwacitymuseum.jp/nandemo/koumoku/1400/141501.htm

2019年7月12日 (金)

EPSON F-3200 の縦筋を取り除く方法

7年前にメーカー修理対応期限を過ぎたモデル

F-3200 の縦筋修理をしました。

仕組みが判りましたので、個人でも対応可能です。

 

https://www.epson.jp/support/portal/hoshu/f-3200.htm

解析: 

スキャナの断面図は画像の通りです。 

F3200_danmenzu.jpg 

・ミラーは1枚で、見下ろしていて、重力で埃は付着しません。

・ピンクに塗った、光源の上にかぶせてある白色基準板の上に乗った埃が、縦筋の原因になります。

・この白色基準板の上を軽く綿棒で拭き取りました。

・オーバーホールせずとも、普段のユーザーメンテナンスでこの埃取りは可能だと想います。少し、柄の長い綿棒でそっと、スジの出た場所を拭き取れば、除去できると想います。

以上

 

» 続きを読む

2019年7月 8日 (月)

100号(1620mmx1300mm)の絵画を撮影する


≪広告≫

劣化の進む貴重な作品を

市民の共有財産として

展示閲覧の機会を増やすためのしくみ

それが、高精細デジタル複製技術です。

アイメジャー オルソスキャナによるデジタル複製

https://www.imeasure.co.jp/ortho/




100号(1620mmx1300mm)の絵画を撮影する

□■□ 写真撮影とダイレクトスキャンの比較 □■□

1.写真撮影の条件
(1)大判(4x5)撮影
(2)ドラムスキャニング:2540ppi (粒状性 10μmと仮定。)
□生成される画素数は(10,160 x 12,700 = )1億2千9百万画素。
□作品:100号(1620 x 1300mm)の場合、
作品上での光学解像度は、200ppi、約0.127mmを分解。

2.ダイレクトスキャン
(1)400ppiスキャン
□生成される画素数は(25,512 x20,472 =)5億2230万画素。
□作品:100号(1620 x 1300mm)の場合、
作品上での光学解像度は、400ppi、約0.063mmを分解。
※ちなみに、髪の毛の直径が、0.070mm

(2)800ppiスキャン
□生成される画素数は(51,024 x40,945 =)20億8千918万画素。
□作品:100号(1620 x 1300mm)の場合、
作品上での光学解像度は、800ppi、約0.032mmを分解。

3.デジタルカメラ撮影

画素数が、2億画素に近いデジタルカメラで撮影する場合は、
ピクセルシフト機能は必須です。

2019年6月26日 (水)

イタリアの研究者から電子メールが来た  〜 近赤外線画像でスキャンすると何が見えてくるのか 〜

イタリアの研究者から電子メールが来た。

Google翻訳を使った拙い日本語。

半信半疑で数回のメール(こっちからは拙い英語)のやりとりと見積提示後に、いきなりクロネコヤマトの国際便が届いた。

中には 古い万年筆インク(*1)で文字が真っ黒になって、書いた文字に沿って用紙がぼろぼろになった手書きの文書が複数枚同梱されていた。

詐欺だと困るので、代金振込を待っていたら、

PayPalでスキャニングサービス(*2)の代金を日本円で払ってきた。

きちんとやってあげようと、
オーバーサービスなほど
要望の 赤外線反射画像以外にも
赤外線透過画像、
紫外線蛍光画像、
可視光反射画像、
と盛りだくさんのモードで、最高解像度スキャンして返送した。

先ほどお返事が来た。
スキャンした同一サンプルについて、彼らの
従来手法の赤外線カメラ(?)で撮影した画像との比較画像だった。

カメラの方は、同じ画素数なのに、1/4程度の甘い光学解像度でした。

ヨーロッパにも赤外線イメージスキャナ(*3)の需要があると初めて知りました。

現在、海外導入事例としては
中国
台湾
で活用されています。

以上

(*1)古い万年筆インク:
ION GALL INK
https://ja.wikipedia.org/wiki/没食子インク
https://bit.ly/2XuQ6MO

(*2)画像解析受託サービス:
https://www.imeasure.co.jp/service/measurement.html

(*3)赤外線イメージスキャナ:
https://www.imeasure.co.jp/product/ir.html

2019年6月12日 (水)

イメージスキャナは濃度計になるか? その5 ICCプロファイルを作る編

ICCプロファイルを作る

【広告】

イメージスキャナを濃度計(反射/透過)として使うためのアプリ。
iMeasureScan (あいめじゃーすきゃん)入門版。


市販のイメージスキャナを使って、反射率/透過率を16bit(65535階調)で数字を得ます。そのために最も基本的な機能として「ガンマ1.0」で動かすためのアプリです。ガンマ1.0でスキャナを動作させることで、センサが捉えた光量に比例した値を16bitで得ることが可能となります。


 
その昔 印刷用のスキャナがアナログ式で、
スキャンした値から直接印刷用の網点を作っていた時代、
そのシステムはひとかたまりの コピー装置だった。
 
〜〜〜
やがて、A/Dコンバータや、メモリーが安価となったことで、
一旦スキャンしたデジタルデータを保持できるようになると、
ディスプレイや、プリンタや、電送先の別の装置に、画像データを渡せるようになる。
 
〜〜〜
そうすると、色分解した Red Green Blue のデジタルデータとは何なのかが問題となる。(厳密にはCMYKでしたよね。当時の印刷用のドラムスキャナ)
 
これはテレビジョン放送時代には全く問題にされなかった議論だった。
 
何故なら、リアルタイムの放送規格は、スタジオ撮影カメラのガンマ特性と蛍光体の色特性のみを決めれば、
それに合わせて受像機を作るだけのことだったからね。(NTSCやSECAMなどがそれだ。)
 
〜〜〜
でもスキャナの場合は、一旦デジタルデータで置く際に、何らかの標準が必要になった。
 
1931年に、人間の目を定量化した。それがCIE1931で、
色は、XYZという直交座標系の点として表現できると仮定された。
そこで、スキャナのデジタルデータも、一旦この、絶対色(XYZ)に置き換える方法が考え出された。
個別のスキャナが得るRGBは、ある意味、方言だ。
その方言を、標準語である(XYZ)に置き換える、インタープリター(翻訳機)とも言える。
そうすれば、
スキャナRGB<>XYZ<>ディスプレイRGB
とか、
スキャナRGB<>XYZ<>プリンタCMYK
とか、
【色】変換が容易だ。
 
この考えを最初に発明したのが、ドイツの印刷会社 ライノタイプヘル(現在ハイデルベルグ)
そして、その考え方をOSに採用したのが、AppleのMacintosh
当時、Color Sync.
Adobe のPhotoshopもVersion 5.0.2くらいからこのプロファイルの考え方をシステムに組み込み、利用が始まった。
現在は、WindowsOSと共通化されていて、デバイス固有の方言色記述ファイルのことを ICCプロファイル(アイシーシープロファイル)と呼ばれる。
色再現システム全体の機能を、カラーマネージメントと呼ぶ。
〜〜〜
 
さて、イメージスキャナを使って、色彩色度計や、濃度計に使おうという話だ。
 
このスキャナ個別のICCプロファイルを作ってしまえば、そのスキャナを使って濃度計、色彩色度計になる、ってことになる。
 
でも、困るのは、テストチャートと、正確に計測された XYZの値の計測値。
これが無いと、ICCプロファイルは作れない。
そこで、当時は、ICCプロファイルメーカー、というキットが発売された。
モナコカラーから当時3万円ほどだった。
中身は、プロファイル作成プログラムと、現物のカラーテストチャート(反射/透過)とそれらの計測値データだ。
 
〜〜〜
最近は驚くことに、イメージスキャナを購入すると、この一式が標準で付いてくる。
 
EPSON GT-X980
A4サイズの透過フィルムもスキャンできるモデルだ。
 
 
さっそくやってみた。
 
ところが、が〜ん。こんな感じ。
 
まだ、X-RiteのWebサービスが、EPSONのGT-X980の最新モデルに添付されるチャートデータに追いついて居ないようだ。
 
2017.12.1が最新。
スキャナに添付されていたチャートは、2018.9.1
とほほ。

» 続きを読む

2019年5月25日 (土)

スキャナは濃度計になるか? その4

以前、スキャナは濃度計になるか? というテーマで

反射率、透過率の検証をしたことがあります。

久々に今回はその続き、 その4 です。

 

スキャナは濃度計になるか? 

 

その3 2010年8月23日 (月)

http://imeasure.cocolog-nifty.com/blog/2010/08/--ta.html

 

その2 2009年1月17日 (土)

http://imeasure.cocolog-nifty.com/blog/2009/01/2-96f1.html

 

その1 2009年1月17日 (土)

http://imeasure.cocolog-nifty.com/blog/2009/01/post-c1f3.html

 

ISO等で濃度の計測法が定義されています。

45度円錐の照明にて垂直反射光を計測する。

垂直照射光にて、45度円錐反射を計測する。

垂直照明光にて、透過光を積分球で捉えて計測する。

など照明とセンサの幾何学的な配置が定義されています。

 

イメージスキャナはこのいずれの幾何学配置にも属しません。

ただ、濃度計と同等の、黒基準、白基準補正のキャリブレーションを内蔵しています。

イメージスキャナでは、この機能をシェーディング補正と呼んでいます。

 

シェーディング補正機能を持たない、カメラ撮影では以下の変動要因があり、測定値に誤差が生じます。

 

(1)光源の照射強度

(2)レンズの絞り、カメラの感度、シャッター速度

(3)光源の照明ムラ(場所による)

(4)レンズの周辺減光

(5)センサの画素毎の感度ムラ

 

~~~

 一般的に濃度計は、その計測法の原理から、1点のみを計測する仕組みです。そのため、濃度ムラを面状に解析したいとき、点群として計測表示する以外なく、細かく観察したいときには、膨大な計測時間がかかります。

 その点、イメージスキャナは、高い光学解像度にて、一度に面状のムラを可視化することが可能です。ただし、濃度計と異なる「癖」を留意して使う必要があります。

〜〜〜

今回は、白の中に黒がある場合。(雪の中のカラス)

もしくは、真っ黒の中に、白がある場合。(闇夜の白うさぎ)

で生じる現象(問題点)を考えます。

今回の考察は、ガラス表面で生じる表面反射の影響です。

図をご覧ください。(詳しい解説は後ほど改めて。)

» 続きを読む

2019年5月20日 (月)

WEB書籍 量子力学入門 前野昌弘、良くわかる光学とレーザーの基本と仕組み 潮秀樹

-----

量子力学入門

前野昌弘 

平成18 2 16  

pdf

http://www.phys.u-ryukyu.ac.jp/~maeno/qm/qm.pdf

 

text

http://www.phys.u-ryukyu.ac.jp/~maeno/qm2006/qm8.html

-----

良くわかる光学とレーザーの基本と仕組み

潮秀樹

https://books.google.co.jp/books?id=mSwmIkpYK54C&pg=RA1-PA126

-----

 

» 続きを読む

2019年5月16日 (木)

水を可視化する方法

・均一に塗ったはずの水のムラを可視化する。

・目で見ると湿っていないのに、何処に水が付いているのか可視化したい。

・湿り具合を可視化したい。

などのお悩み。

さてどうするか。

水の吸収波長は、1450nmにある。 O-Hの吸収波長だ。

そこで、λ=1450nmの バンドパスフィルタを付けて画像をスキャンすれば良い。

さっそくやってみた。
 Forblog
上は、λ=550nm(緑色)、 オルソスキャナによる 1200ppi画像。9,746x5,263pixel (5千万画素)
下は、λ=1455nm(近赤外線)、 InGaS(インジウムガリウムヒ素) カメラによる 150ppi画像。1,000 x 512 pixel (51万画素)


InGaSカメラのほうは、まだ シェーディング補正が機能していないので、ちょっとスジっぽいけど
水の吸収波長で画像を撮ると ひと目で 水が最も濃くでていることが判る。

※ InGaSカメラ:波長 0.9〜1.7μmに感度を有する。水は、1.45μmに吸収波長が存在する。

以上

» 続きを読む

«論文 「光ファイバーを用いる三次元蛍光スペクトルによる日本古来の浮世絵版画に使用された着色料の非破壊同定」 下山進、野田裕子、藤原伸也 (1988)

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ